仕業といわれるもの

ベテラン男性

無資格者が業務を行うことを禁止されている業務を行うことが許可られる業務を独占できる資格で、その独占性は法的に守られているものです。
行政書士、弁護士、税理士もこれに含まれています。
これらの仕業は高度な専門知識を有する職業人とされて、労働基準法において法令上特別扱いを受けることが多いでのです。
大まかな違いとしては行政書士は官公庁に提出する書類を作成して料金を取ります。
弁護士は民事刑事事件の法律相談や訴訟の代理人になることができます。
税理士は税務書類の作成や相談などです。

弁護士の業務について
弁護士は行政書士の資格である官公庁関連の書類の作成や司法書士の資格でできる司法関連の書類の作成もできます。
弁護士資格によって、これらの2つの仕業となる資格を有しているのです。
司法書士の資格の補足として、一定の研修を受けた司法書士は簡易裁判所で90万円以下の訴訟の代理人になることができます。
そのほかに弁護士資格で税理士の登録もできます。
しかしこれらの詩行が独占業務として認められるためには団体に登録する必要があります。

団体への登録人数
行政書士以外の仕業はこの10年で増加傾向にあります。
そんな中で景気低迷の影響もあり就職できない資格所持者が増えています。
これは弁護士も例外ではなく、司法試験に合格した人のうち裁判官や検察官になる人以外で弁護士会という団体に登録しなかった人たちが2012年には四分の一にのぼり過去最高の数になったそうです。
この数は合格はしたが弁護士事務所を開いたり企業などに就職できなかった人たちで入会金などの支払いができないために登録しなかったのではないかとに日本弁護士連合会はみているそうです。

書類作成のプロ

女性

行政書士というのは、保健所や警察署など、行政機関に提出する書類などを作成したり、提出手続きの代行を行なってくれる業種の事です。
この職業になるには、国家資格が必要となります。
会社を起こしたり、契約書を作ったりする場合、多くの書類を行政に提出する必要があります。
これらの作成というのは、素人にはとても難しいものです。
そんな時に、行政書士にお願いして、色々な手続きを代行してもらう事が出来るサービスとなっています。

法律のプロ
弁護士というのは、法律事務を処理する事を専門とした職種です。
国家資格が必要な業種で、日本の中でも取得が難しい資格の一つとされています。
民事や刑事などの裁判で、原告や被告の代理人を務めて立証活動を行います。
それ以外にも、自己破産の手続きや相談など、様々な法律事務や法律相談も行なってくれます。
近隣トラブルなどの些細な相談にものってくれるので、法律に関する事で分からない事があったら、一度相談してみると良いです。

税に関するプロ
税理士というのは、国家資格が必要な職業で、税務整理や税務書類の作成など、税に関する専門家です。
税というのは、会社や家庭など様々な所で関わってきます。
素人では分からない事も多く、税理士は相談にのってくれたり、色々な手続きを行なってくれます。
税理士にお願いすれば、税に関する色々な事を代行して行なってくれるので、自分でやるのが難しい場合にはお願いすると良いです。
税理士は税に関する相談ものってくれるので、何か分からない事があったら、相談してみるというのも手です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
オススメリンク
大阪で実績豊富な税理士に依頼しよう「中央財務」 会社設立で不安のある方、大阪で税理士のことならこちらにおまかせください。悩みのポイントをプロが解決してくれますよ。
会社設立、相続問題、自分一人では解決できない悩み…港区の税理士にまかせてみませんか?親身になって相談に乗ってくれるので頼りになりますよ。